青汁のケールの価値

青汁のツウになっているという人もいらっしゃるかもしれません。これまでにさまざまなメーカーの青汁を試したことがあるといった場合には、それぞれのメーカーの青汁の特徴についても熱く語ることができるかもしれません。青汁の原材料の中でもケールを好む人が多いということです。

それは、飲みやすさを基準にして好む場合もあれば、ケール自体の栄養素に注目して好む場合もあることでしょう。青汁に含まれているケールというのは緑黄色野菜なのですが、このケールを改良してカリフラワーやその他の野菜が栽培されているというわけです。ケールがなぜそれほど体に良いのかについて、日本国内で研究した博士がいます。遠藤医学博士です。ケールの野菜そのものを食べることに関しては国内ではそれほど一般的ではありませんが、欧米諸国ではケールを使った料理も頻繁に食卓にのぼるということです。ケールの栄養成分に着目した日本の医学博士は、ケールを使った料理を考案するというよりもむしろ青汁という方法で摂取できることを考え付いたようです。そもそもケールは日本でも存在は知られていたということです。

江戸時代にはすでにケールが伝わってきていたとも言われています。ケールにはビタミンCやビタミンAといった栄養素だけでなく、ビタミンBや食物繊維なども含まれていて、健康を維持するのに理想の野菜なのです。しかし、少しくせのある野菜なので、料理にするという概念のある人は少ないのです。

[特選サイト]
青汁の原材料別に効果を比較しているサイトです・・・青汁 原材料

Copyright © 2014 青汁に含まれるケールについて All Rights Reserved.